2020.11.13〜2020.11.13

【参加者募集】オンライン公開講座2020 『コロナが進展させた働き方の変化はどう進むのか ~これからの働き方とワークライフバランスを考える~』

申込
必要

これからの働き方、ワークライフバランスを考える

今年度の名城大学公開講座「manabu project」は新型コロナウィルスの影響により、すべてオンラインで実施します。
このプロジェクトは本学が推進する「生涯学びを楽しむ」社会を実現するため、意欲あるビジネスパーソンの皆様と学びを共有することを主な目的としております。
講師からの一方的なお話だけではなく、参加者も交えて、ともに対話し、学びを深める講座となっています。

今回のテーマは『コロナが進展させた働き方の変化はどう進むのか ~これからの働き方とワークライフバランスを考える~』

コロナ禍を機に、これまでの常識が改めて問い直されることとなり、今まで当たり前であった働き方に関しても改めて考え直すきっかけとなりました。職場での仕事はテレワークにとって変わるのか、地方移住は進むのかなど、コロナ禍の今だからこそ、受講生自身が体験したエピソードなどもシェアしながら、今後の働き方や生き方に関して、考えるきっかけづくりを行っていきます。

働き方、ワークライフバランスなどに関心のあるビジネスパーソンの皆様はぜひご参加ください。

【申し込み先】https://bit.ly/34Mo9l8 (締切 11/12(木)17時)

講師 経営学部 五十畑浩平 准教授
日時 2020年11月13日(金) 19時~21時
会場 オンライン(Zoomミーティング)
定員 30人 (応募者多数の場合は抽選となる場合があります。お早目のお申し込みをお願いします)
受講料 無料
申込締切 11月12日(木)17時まで
備考 対話を重視した講座となりますので、ビデオをオンにできる方に限らせていただきます。
対象 働き方、ワークライフバランスなどに関心のあるビジネスパーソンなど
お問い合わせ 社会連携センター 担当:山本、宮原
 TEL:052-838-2473
 E-MAIL:ccr@ccml.meijo-u.ac.jp

受講対象者マークの見方  
一般市民、保護者  
小学生  
高校生  
大学生、大学院生  
当該専門家