2020.11. 4〜2020.11. 4

【参加者募集】オンライン公開講座2020 『アジア最後のフロンティア"ミャンマー"のリアル ~ローカル人材の活用の観点から~』

申込
必要

経済学部佐土井教授に聞く アジア最後のフロンティア”ミャンマー”のリアル

今年度の名城大学公開講座「manabu project」は新型コロナウィルスの影響により、すべてオンラインで実施します。
このプロジェクトは本学が推進する「生涯学びを楽しむ」社会を実現するため、意欲あるビジネスパーソンの皆様と学びを共有することを主な目的としております。
講師からの一方的なお話だけではなく、参加者も交えて、ともに対話し、学びを深める講座となっています。

今回のテーマは『アジア最後のフロンティア”ミャンマー”のリアル ~ローカル人材の活用の観点から~
ミャンマーは2012年に軍事政権から民政に移管し、ようやく先進国からの経済制裁が解かれ、先進各国からは最後のフロンティアと呼ばれ、投資先として注目されてきました。
佐土井教授はミャンマーに2019年9月から1年間滞在し、マンダレー大学客員教授として現地で調査・研究・教育に携わってきました。
その体験をもとに、今回はミャンマー第2の都市であるマンダレーのローカル中小企業を中心に調査結果等を用いてお話しいただきます。

アジアへの進出、外国人人材の活用などに関心のあるビジネスパーソンの皆様はぜひご参加ください。

【申し込み先】https://bit.ly/3045lfu 
          (締切 11/2(月)17時)

講師 経済学部経済学科 佐土井有里 教授
日時 2020年11月4日(水) 19時~21時
会場 オンライン(Zoomミーティング)
定員 30人 (応募者多数の場合は抽選となる場合があります。お早目のお申し込みをお願いします)
受講料 無料
申込締切 11月2日(月)17時まで
備考 対話を重視した講座となりますので、ビデオをオンにできる方に限らせていただきます。
対象 アジアへの進出、外国人人材の活用などに関心のあるビジネスパーソンなど
お問い合わせ 社会連携センター 担当:山本、宮原
 TEL:052-838-2473
 E-MAIL:ccr@ccml.meijo-u.ac.jp

受講対象者マークの見方  
一般市民、保護者  
小学生  
高校生  
大学生、大学院生  
当該専門家