平成29年11月25日(土)

生物・人・自然の調和を考える

申込
不要
生物・人・自然の調和を考える

森林における樹木の生き様:温帯から熱帯まで

森林には形の異なる多様な樹木が共存しています。

温帯から熱帯まで、様々な森林における樹木の生き様について紹介します。

人とかかわって生きる雑草:しぶとさとあやうさのわけ

雑草は人の営みで成立つ里地里山や都市緑地に生育しています。

手におえないと嫌われる種がある一方、絶滅の瀬戸際にいる種も存在します。

その「しぶとさ」と「あやうさ」の理由をお話します。

講師 農学部准教授 長田典之
福井県立大学生物資源学部教授 吉岡俊人
日時 平成29年11月25日(土) 12:30~15:30
会場 天白キャンパス共通講義棟南S101
定員 300人
受講料 無料
備考 講演会の前に生物環境科学科1年生が、実習の成果をポスター発表します。是非、ご来聴ください。
【 時間】12:30~13:30 【場所】講演会場前(共通講義棟南1階EVホール)
対象
, , ,
お問い合わせ 農学部事務室 TEL:052-838-2054

受講対象者マークの見方  
一般市民、保護者  
小学生  
高校生  
大学生、大学院生  
当該専門家