ABOUT PLAT社会連携センターとは?

名城大学と社会の資源をつなぐ。

社会連携センターは、名城大学と社会の資源をつなぐことをミッションとし、新たな人と人のつながりを生み出し、主体的に学び続ける「実行力ある教養人」の育成、「学問の探求と理論の応用」を通した研究成果の教育と社会への還元、社会との「人的交流」を通した地域活性化に貢献します。
これからの大学と社会の連携のあり方を模索し、多様な方とのつながりをチカラに、学生、教職員、社会をアクティブにしていきます。

支援

組織的に社会貢献・連携活動を推進し、各学部・大学院や部署等において
社会貢献・連携活動が円滑に実施できるように支援します。

貢献

社会資源を教育・研究・学生活動につなげ、
教育・研究・学生活動の力で社会課題の解決に貢献します。

社会資源を教育・研究・学生活動へつなげ、
社会へ還元するための機能。

  • 学内外ネットワーク構築

    大学内にどんな資源があるのかを情報収集し見える化します。そして、その資源を必要とする、社会貢献・連携活動に関わる地域・市民・団体・機関との関係を構築します。

  • 連携事業の創造

    地域・市民・団体・機関と、教職員・学生・学内部署との連携窓口として、両者に必要な活動や資源を見出し連携事業のマッチング、コーディネート、マネジメントを行います。

  • 学内外への情報発信

    連携事業の活動情報をオープンに発信することで今後の社会連携活動の活性化を図ります。連携事業の情報発信も支援します。

交流、学びの場づくり

地域・自治体や様々な分野で地域活動に取り組む諸団体との連携を強化し、それらの活動を支援します。

社会連携ゾーンshake企画運営

「キャンパスから地域へ。キャンパスから世界へ。」をコンセプトに持つナゴヤドーム前キャンパスに、誰もが自由に使えるオープンコミュニケーションスペース「社会連携ゾーンshake」を設置。自治体、企業、NPO等各セクターを超えたつながりを生み出し、社会課題に取り組むプロジェクトの創出を狙う。まずは、自治体、企業、NPO等の活動支援、ネットワーキング、学生の社会との接点づくりに取り組んでいる。

学びの場づくり

新たな生涯学習の機会を創出し、学生が社会へでる動機の形成やきっかけとなる学生・地域の活動量を増やす学びの場を創出します。また、名城大学の“知”の集積を、広く地域社会に還元し、地域住民の生涯学習などに貢献します。社会と大学を結ぶ「公開講座」、小学校・中学校・高等学校における課題研究授業や進路学習に役立てることができる「出前講義」などを実施します。

窓口/問い合わせ先

社会連携センター事務室

名城大学 天白キャンパス タワー75 11階
TEL:052-838-2473 FAX:052-832-1175
メールアドレス:ccr@ccml.meijo-u.ac.jp

社会連携センター窓口

名城大学 ナゴヤドーム前キャンパス事務室 西館1階
TEL:052-768-6402 FAX:052-721-8881
メールアドレス:ccr@ccml.meijo-u.ac.jp